大人のプラモデル

11月4日 友引

待ちに待った小屋の材料が蛤浜に!!!

 

もちろん取説などあるはずもなく、一緒にもらった図面とにらめっこ。

誰も本職でないため理解するのに少しばかり考えます。

 

 

どうやら

南北に1・2・3・4...、東西にい・ろ・は・に,,,

と碁盤の目に表記してあるようです。

ちなみに「ろ2」は右上の角から左に2つ目、下に2つ目ってことになります。

 

この法則がわかれば、とりあえず土台を全体に振り分けます。

 

そして仮に組み上げてみて、基礎と固定するボルトの位置に穴を開ける。

接合部分は、工場で加工されカケヤ(大工の源さんが担いでる大きなハンマーです)で叩くとパコパコとハマっていきます。

あーでもない、こーでもない。

あっちが当たってる、こっちも限界。

 

並べて穴を開けるまでは順調に来たのに、ここで壁がたちはだかり、数時間。いつの間にか日も暮れ、予定の2割程度で初日終了。

 

翌日に挽回すべく、夜はいろいろと情報集め、決戦に臨みます。

 

情報収集の甲斐あって、2日目は順調に進みました。

ボルト穴をあけ、位置が決まったところで防腐剤を塗ります。

 

ホントは、蛤浜で作った柿渋で防腐処理したかったんですが・・・あと3年も待てませんでした(笑)

土台を組んだら水平を出していきます。

 

プロの基礎屋さんだったらコンクリートが綺麗に水平が取れていて、この工程は必要ないかもしれません(汗)

あくまで作っているのは はまぐり堂のスタッフなのでご愛嬌。


普段の生活で、1°とか1mmとかあまり気にしませんが、建物に関してはこの誤差が顕著に出てくるので、しっかりと時間をかけて修正していきます。

初日、出遅れた分を取り戻し、2日目終了。

 

3日目はいよいよ柱の建て方です。

個人的にお手伝いを募集したところ、はまぐり堂高見で販売しているFUNADEのオーナー 鉄兄と絆JAPANの笠原さんが助っ人に来てくれました。

 

また図面とにらめっこ。

柱を全周に振り分け、倒れないように控えを取りながら一本ずつ建てていきます。

柱を建てたら、ポコッポコッと梁を納めていきます。


梁も全周繋がったら、四隅に火打梁(振れ留め的役割)を入れて、連結金具を配置していきます。

 

驚くことに、柱から火打梁まで一つも金具を使っていません。カケヤだけでここまで組めるなんてビックリですね!!!

そんなこんなで、3日目は成果が目に見えて上機嫌で終了。

 

11月7日 大安

記念すべき棟上げです!

 

 

柱の垂直を見て、配置した金具を緊結していきます。

柱と柱の間に壁の下地となる間柱と筋交いを配置し、棟の材料を梁へ。

 

束を立てて上棟していきます。


見えないものが形になってくるとワクワクしますね!