妄想をカタチに。

蛤浜のつくり込みはざっくりなラフ画から入ります。そして最後までずっとラフ画のまま。

途中、追加されるのが

 

「ピッ」とした感じ

「スンッ」って立ってるやつ

 

そんな、長嶋さんバリの擬音語とニュアンスのみ。

なので、仕上がりはいつも未知数。

 

今回の海小屋もしかり。

もはや、別の建物になってきました。

ニュアンスをカタチにするときに心の奥から出てくるのが、

「どうでもいいこだわり」虫。

別にやらなくてもいいのに、誰も気づかないのに、時間ないのに、創り込みしちゃうんですね(汗)

はまぐり堂の隠れたところにひっそりと佇む

「しらなみうさぎ」をモチーフに

 

お絵かき担当のkimiちゃんにオリジナルを書き下ろしてもらいました。

 

荒々しい波をウサギに例えるなんて、昔の漁師さんは粋ですね!!

 

 

そして、ただのはめ殺しの予定だった丸窓に息を吹き込んでいきます。

これがまた根気のいる作業で、1日頑張っても1/10くらいの面積しか進みません。

 

外側は船の丸窓をイメージして、フリーハンドでザクザク切って曲げて溶接。